カテゴリー「 ダンス 」の記事

13 件

7月27日 ホームカフェにて「ハッピースマイル」無事終了しました。
たくさんのブース出店されていてとても楽しいイベントでした。
今回はダンスパフォーマンスショーでいろんなジャンルのダンスを見て頂く事が出来て
良かったです。

フェイスブックアルバム

2014年7月6日JR吹田駅前さんくす夢広場にて
「Performance of the Suita Station Square」参加しました。
当日は集合時間辺りからポツリポツリと雨が降って来て、
小雨の中、リハをやるも舞台上はツルツルで本番はどうなるのかという感じでしたが、
結局雨は止むことなく、でもやりましょうということで、
舞台の下、つまり路上で、その名の通りストリートダンス。
Angelaは一番最初の出番なのでパフォーマンスやらせて頂きました。
No1. 木曜夜PALクラスのHiphopによるパフォーマンス「Biggie Bounce」

メンバーの中に学校の先生がいて、教え子が応援に来ていました。
私はアナウンスしなきゃならないので、ちゃっかりビデオ撮影をお願いし、
雨が強くなったらカメラ守ってねって言ってたので、手で守ってくれてたらしく、
何度か上から お化け~ では無いですよ。
でもありがとうでした。
No2. JAZZの新インストラクターTOMOMIペアーによるJAZZパフォーマンス「Timber」
さすがにバレエJAZZを路上でということで急遽振りを変えてのパフォーマンス頑張りました。
TOMOMI-2.png
No3. 新インストラクターRYUYA率いるチームメンバーPuKuhead(女子2名)+PALのヒップホップ「Wonder」
メチャかっこよかったです。

No4. ラストはRYUYAによる新クラス、テーマパークダンス(ヒップホップ)を1人で踊って頂きました。
RYUYAは2013年度のUSJのパフォーマーをしており、現場の雰囲気を再現して頂きました。

本番も結構雨が降っていて、ビデオのセッティングをどうしようかと迷っていて、慌てて三脚立てから床が斜め~ [emoji:e-260]
決して坂道で踊った訳では無いです。(-_-;)
そして前のイスもジャマですね…
結局雨はドンドン酷くなり、Angela以降のパフォーマンスは全て中止になりました。
お疲れ様でした。
その後、後に写ってるイタリアンの店で打ち上げ~
生パスタは美味しいね!

フィナーレ
2013年9月28日 江坂音楽フェスティバル
今年も生徒さんとインストラクターで出演させて頂きました。
本番までは当然バタバタでしたが、終わってからは少し放心状態で、溜め込んでた未処理の用事も少しずつ片づけていたら、あっという間にもう1週間過ぎてしまいました。
野外なので当日の天気も気になっていましたが、青空でいい天気で良かったです。
今年は4チーム22名で出場できましたが、Angelaの与えられた時間は15分。
他にも出たい方もいましたが、15分では曲数も限られてしまうので仕方ありません。
15分という持ち時間の中で、各チーム、曲をちょん切りムリヤリ短くまとめて頂いて
4チームもいれば、Angelaのステージとしてフィナーレも入れたくて少しオーバーしたと思いますが、なんとか無事に終わりました。
多分20分超えたかも知れませんね。
参加された方、お疲れ様でした。
スタッフさんありがとうございました。
中でもタップダンスはタップ板とマイクをセッティングしないといけないので、
会場まで板運んだりと準備も大変で、時間の無い中セッティングと撤去に何分掛かるのかとか、いろいろ打合せも数回。
でも主催者側のスタッフさん達みんな親切で非常に助かりました。
応援の方も入れて6名の参加でしたので、本当にもっと踊って頂きたかったです。
今回、私は徹底的に裏方で踊っていませんが、ジャズの振付&レッスン、衣装作り、
フィナーレ(SMAPの「JOY!!」)の練習、
当日はビデオ撮影やらキュー出しやら、舞台横で見守っていました。
そして最後のフィナーレでジャズチームと一緒に並んで出ました。
最後は去年同様インタビュー。
何を聞かれるのか分らないまま、マイクを向けられ、ただAngelaの宣伝。
スタジオに来て下さいしか言ってなかったような、
もうちょっと気の利いた事、しゃべれたら良かったのですが…
今回はプロの写真屋さんも来て頂いてリハーサルから写真をバチバチ撮って頂いて、まだ見てないので楽しみです。
ビデオはセットしている途中でスタッフさんに呼ばれてしまい、ちゃんと調整出来ていないままで、終わって見てみると少し上向き加減。
肝心の足元と両端も切れてて最悪です。
でもみんな大きな失敗も無く、切り取った写真は、皆いい感じで写っていて良かったです。
生徒さん達は初舞台の方も多かったですが、次にもっと大きな舞台に立つ時の準備としていい経験になったと思います。
今回も、こういう機会を与えて頂いて本当にありがとうございました。
タップダンス  キッズダンス
タップダンス                 キッズダンス
ストリートダンス ベリーダンス
ストリートダンス                  ベリーダンス
ジャズ ヒップホップ
ジャズ                      ヒップホップ

tanz.gif
今日ダンスタンツの最後の発表会? いや公演を見に行ってきた。
最後の… 
先日ある方とジャズの話をしていて、ダンスタンツの名前を出したので、そういや最近自分のレッスンもずっとお休みしたまんまだし、タンツのHPも見てないなと思い、久しぶりに開いてみたらなんと、「6月15日の発表会を最後に閉じる」という文字が書かれていて、
思わずウッソ~と叫んでしまった。
ダンスを一旦離れてしまった私が何年も経って、またダンスに興味を持ち、
再び尋ねた時にちゃんとダンスタンツはそこに居続けていてくれてたから、
今回Angelaをやる気にもなった。またダンスやりたいと。
唯一私のダンスの原点がタンツには残っている。
梅田にあった2つのダンススタジオ「ウエストサイド」と「ダンシン」
心斎橋の「ニューヨーク」
30年近く前、私もどっぷりダンス漬けだった頃に、みんな同じスタジオにいてレッスンしてた。
それはタンツのオーナー律子さん、関西の大物ダンサーのアッコちゃんや美香代さん、当時は「ミカリン」とか読んでた時も、そして佐藤の智ちゃん、この方々は当時大学生や高校生だったけど、素晴らしいダンスを踊る方達で私たちはいつもお手本にして一緒にレッスン受けてた。
そしてそれらのスタジオが次々に無くなって行く中、律子さんが難波にタンツを作った。
そして約30年。
実際は私自身タンツでレッスンしてた時期はあまりなく(1~2年)、
なんでお前がダンツを語るねんと怒られそうだが、
ここには今もみんながいる、懐かしい所ということで。
自分自身のレッスンがしたくなったらダンツへ行けばいいと思っていたのに、
無くなるとは思ってもみなかった。
最後の発表会15日ですべて終わるそうです。
17日からスタジオが取り壊される。鏡や床、音響機材、悲しすぎます。
このことを知ったのが4日前。
速攻チケット用意してもらって、
間に合ったよ。
知らないうちに無くなってたらと思うとゾッとする。
そして発表会。いや公演。
とっても素晴らしいダンスでした。
やっぱりタンツはレベル高過ぎ。
開演、最初のダンスはアッコちゃんチームの作品。これどアッコというスタイルの作品。
私が一番好きな感じで自分もあんな風に踊りたいといつも思うのですが…
そして1部最後は美香代さんの作品。
舞台いっぱいに花ビラが舞散るなかでのダンスは圧巻。
凄く綺麗でした。
美香代さんしか踊れないダンステクニックは、
どう真似してしていいのかも私には分からない。
若い人達のダンスも素晴らしい。
しっかり2人のダンスが引き継がれていて、
やっぱりタンツの人達はストリート系でもモダンでも
踊れて基礎が出来てる方達の踊りは見ていて引き込まれます。
どんなジャンルのダンスでも基礎(バレエ)が出来てないダンスは雑に見える。
海外のダンサーはストリート系のダンサーでも、しっかりバレエのレッスンはしてるそうです。
またしていないと相手にされないらしいです。
最後、美香代さんにだけ会えて少し話出来て良かったです。
アッコちゃんも美香代さんも、今度は心斎橋のポイントで教えるそうです。
また、時間作ってレッスンに行きたいと思います。
終わって会場出たら、サルサのユキさんに会いました。
hachi888さんとこのマリエさんてタンツの人だったんだ。
ダンスの世界も狭い!

009a.jpg
今日は関大学園祭のメインイベントの1つらしい、ダンスのコンテスト
「Kandai Dance Festival2012」になんと審査員で呼ばれて行ってきました。
丁度私のレッスン時間とぶつかってますが、滅多にない体験なのでレッスン日時を変更
させて頂き、行かせて頂きました。(生徒さんゴメンなさい)
朝8時半集合で、私にしたら真夜中って感じですが、6時に起きて滅多にしない化粧をして
出かけて行きました。
審査員は4名で去年も審査員をされた神戸でLockをされているHi-SAEさんと吹田以内で
ダンスやミュージカルをされている方々。
エントリーは関大生の10組。
002a.jpg
ステージはすっごく大きくて前回の私たちのステージの4倍ぐらいあったかな。
審査員席に案内されると名札も置いてあって名札の所に座るのですが…
005a.jpg
名前の字が違う… 「京花」ですよ!
で、右に写ってる手作り感満載の紅白の札は、前半と後半の間に行われた紅白バトル合戦での審査札。
本審査は、スキル、パフォーマンス、オリジナル性、チームワークをそれぞれ10点、合計40点満点で採点するのですが、最初っからレベルが高くて、結構悩みました。
参加ジャンルは男性はブレイクダンス系が多く、背中や頭で回ったり、Lock、ヒップホップ、ガールズヒップホップジャズ、ダブルダッチ(縄跳びしながらダンスを踊る)、マイケルジャクソン(笑)
約2時間のコンテストで結果は、ラストに出た去年も優勝した22人チームの「Soul Beat Lockers」でした。
(私も満点入れました。)
007a.jpg
22人もいるのにピッタリ揃っていて、楽しそうに踊っているし凄かったです。
去年も審査員されたHi-SAEさんは去年も優勝したけど、今回ほどではなかったとうこと
なので、凄く練習したんだろうなぁって思います。
他にも凄いチームもいて、集計されていた人に聞くと、2、3位は同点だったらしいです。
みんな上手でした。
マイケルジャクソンも上手かった。
今回初めて審査員ということを、させて頂き人それぞれ見るところは違うかも知れませんが、
見ている側に何か感動を与えられるダンス、ただ動いているだけじゃなく、
目に焼き付くぐらいの感動を与えられる踊り方を目指して頑張って行けば、
きっといい踊り手になれると思います。
感動を与える要素の一つにLockやHipHopチームで同じ動きを踊る場合、
上手いとか下手よりもピッタリと揃ってれば揃ってるほど、
迫力が2倍にも3倍にもなるということを感じました。
当たり前かも知れませんが、逆にいうと1人だけが上手くてもチームとしての評価は
あまり高くならないということですね。
ま、凄い練習量とチームワークの勝利ですかね。
お茶はもちろん、終わってお弁当も出して頂き、帰りにはお菓子の詰め合わせのお土産まで頂き、
学校は凄く綺麗で廊下もトイレもピッカピカ。さすが関大。
今日は貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。

PAGE TOP